ブログ

スタートアップ企業と知財

2015年8月付けの米フォーブス誌(web版:http://www.forbes.com/sites/forbesleadershipforum/2015/08/18/the-top-10-reasons-why-your-startup-needs-patents/)には、新規企業に特許が必要な10の理由が記載されています。この中で私が特に気になったのが、「National Science Foundationの調査によると、製造業とサービス業の49%が、自社の最も重要な新製品やサービスを開発するために、外部から取得した発明を使用しており、そのうちの14%がスタートアップ企業だ。」という記載です。
大企業の多くは、新規製品を開発するネタを欲しており、ヒントとして中小企業の新規技術に着目しています。その中で特許を取得してない技術については、大企業が取り入れる(言い方は悪いですがパクる)格好のエサとなります。
これを抑制するためには特許を取得するまでは必要ではなく(もちろん取得するに超したことはありませんが)、出願だけでも十分に抑制効果はあります。

やるぞ

関連記事

  1. 特許の審査に時間がかかっているようです
  2. 特許事務所に全てお任せではダメです
  3. 為替の影響を感じる出来事
  4. ディープラーニングを用いた特許についての考察
  5. 特許権がカバーできる範囲
  6. 特許出願の拒絶理由通知、承伏してしまって本当に大丈夫?(その1)…
  7. 貴方が出願する特許の実施の形態にはビジネスモデルはありますか?
  8. 発明がビジネスモデル特許の対象か超簡単に判定する基準
PAGE TOP