外国特許出願に係る費用

  • こちらのページは、PCT国際出願(国際特許出願)ではなく、直接外国出願をする場合の費用です。PCT国際出願の費用はこちらです。
  • 発明が特許になるまでには、いくつかの段階を踏むことになります。以下の説明では、段階毎にかかる費用を掲載しています。
  • 一般的な外国特許出願に係る費用は、出願時に50万円~になります。特許を取得するまでの総額は、約100万円~になります。もちろん発明の内容(構造物やソフトウェア等)、および応答回数により特許にかかる費用は違ってきます。外国特許出願は、日本国内とルールが異なりますので、御見積も概要となりますが、大まかには以下の通りです。
  • 相談は無料です。初めてのお客様にも丁寧にご説明させて頂きますので安心してお問い合わせ下さい。

    基礎となる特許明細書(日本語明細書)を作成する際にかかる費用

    基本料金 ¥200,000(請求項3項、明細書3ページを含む)
    請求項加算額 ¥10,000/項(請求項4項以降)
    明細書作成手数料 ¥8,000/ページ(4ページ以降)
    図面作成手数料 ¥5,000/図

    既に基礎となる日本語明細書や英文明細書が存在する場合は、この費用は発生しません。

・基礎となる特許明細書を作成する際にかかる費用の算出例
例1)請求項5項、明細書3枚、図面3枚の場合にかかる費用
相談料無料¥0+簡易調査料¥30,000+基本料金¥200,000+請求項加算額¥20,000
+明細書作成料加算額¥0+図面作成料¥15,000+消費税¥21,200
=¥286,200(税込)

例2)請求項7項、明細書8枚、図面10枚の場合にかかる費用
相談料無料¥0+簡易調査料¥30,000+基本料金¥200,000+請求項加算額¥40,000
+明細書作成料¥40,000+図面作成料¥50,000+消費税¥28,800
=¥388,800(税込)

 

外国に特許出願する際にかかる費用

弊所手数料(委任状提出費用、優先権証明書提出費用を含む) ¥100,000
翻訳費用
実費※1
現地費用(現地代理人費用+現地特許庁費用+送金費用) 15万円~25万円(別途御見積いたします。)

※1:翻訳費用の例:日本語→英語 20円/word(特許明細書、図面)25円/word(請求項)

          日本語→中国語 7円/1字~(出願時)、15円/1字(中間処理)

出願審査請求時にかかる費用(審査請求制度のある国のみ)

弊所手数料 ¥10,000
現地費用(現地代理人費用+現地特許庁費用+送金費用 US$1,500~US2,000(別途御見積いたします。)

・米国のように出願すると審査をしてくれる国と、日本のように審査請求をしないと審査してくれない国があります。詳しくはご相談ください。

中間処理(Office Action(日本の拒絶理由通知に該当)に対する応答)にかかる費用(審査請求制度のある国のみ)

弊所手数料 ¥30,000
オフィスアクション翻訳手数料
オフィスアクションの記載量に応じて異なるため、別途お見積もりいたします。
オフィスアクション応答書作成手数料 別途お見積もりいたします。

・必要に応じて弊所にてコメントを作成いたします。コメントは、弊所にて拒絶理由の妥当性の判断や、拒絶理由通知に対する対応策をコメント形式で記載したものです。コメントをお客様に参照して頂くことにより、お客様自身での対応策の決定を容易にします。

設定登録時にかかる費用

弊所手数料 ¥10,000
現地費用(現地代理人費用+現地特許庁費用+送金費用 別途お見積もりいたします。

 

最近の記事

PAGE TOP