ブログ

優先権証明書

第一国(例えば日本)で出願した内容を用いて第二国にも出願しようとする場合は、優先権証明書を提出することになります。第一国が日本の場合、日本…

事務所をリフォームしました

今まで打ち合わせスペースから自分の机が見えることが何となく気にはなっていましたが、後回しになっていた事務所のリフォーム。ついに実行しました…

何だかインターナショナル

弊所は国際特許事務所を謳っておりません。また、英語のウェブサイトも作っていません。しかし、昨年から内外(日本国内から外国への出願)のみなら…

paypalアカウント作成!

弊所は英語のウェブサイトを持っていません。しかし、有り難いことに、外国から日本国内への出願の相談がまれに来るようになりました。今回、…

インド人の熱意

最近インドの特許事務所とやりとりをすることが多いのですが、私が体感する彼らの特徴としては、良くも悪くも熱意が凄いです。私は、英語表記のメール…

サイン≠直筆の署名?

ある現地代理人から、特許を出願する際の書類(委任状と譲渡証書)にサインを求められました。私の感覚では、サイン=直筆の署名と思い、出願人に署名…

patentscopeを使ってみました

外国の公報を調べるとき、いつもはEspacenetを使っています。欧州特許庁が公開しているデータベースですが、私にとって使いやすく、よく使っ…

実用新案のデメリット

特許に比べて色々と制限の多い実用新案中でも最もデメリットが大きいと感じるのが早期にアイデアが公開されてしまうことです。アイデ…

中小ベンチャー企業に対する軽減措置が復活

今年の3月31日をもって、一旦終了した中小ベンチャー企業に対する軽減措置でしたが、7月9日からまた復活するようです。http://w…

さらに記事を表示する
PAGE TOP