ブログ

特許権の存続期間

おはようございます。八王子で頑張る弁理士の井上です。

今日から何回かは、特許に関してよく質問を受けた内容を書いておきます。

特許法では、特許権の存続期間は、特許出願の日から20年を持って終了すると決まっています(特許法第67条)。よく特許権が発生してから何年なのですか?という質問を受けますが、出願した時点で終期は決まっていると言うことです。ですから20年-特許権が発生した日=有効期間ということになります。

ちなみに最初に支払う特許料は、特許権の発生時期には関係ありません。但し、支払う特許料は年々上昇しますので、早く特許権が発生した場合は、最後まで権利を保持しようとするとそれなりの値段になります。


アクティブ特許商標事務所
弁理士 井上真一郎

関連記事

  1. 著作権と商標権の違い
  2. 第18回独立系の集いを開催いたします
  3. 何だかインターナショナル
  4. 中小企業の4割に危機感
  5. 明けましておめでとうございます
  6. 凄い雪!
  7. 取り返しがつかなくなる前に・・・
  8. 問い合わせページが動いてなかった
PAGE TOP