特許申請、商標登録出願を多摩地域、相模原市近辺でお考えなら東京のアクティブ特許商標事務所にお任せください!

ソフトウェア特許(ビジネスモデル特許)はお任せ下さい!

      • アクティブ特許商標事務所はソフトウェア特許(ビジネスモデル特許)を得意とする特許事務所です。ビジネスモデル特許専用サイトも準備しております。
      • ソフトウェア特許(ビジネスモデル特許)以外にも、メカトロニクス、電気回路、制御、日用品、各種構造物等を得意とする特許事務所です。ここに記載のない技術分野についてもお気軽にご相談ください。

アクティブ特許商標事務所のWEBサイトにアクセス頂きありがとうございます! 初めての特許出願を考えられている方、親身に対応いたします。お任せ下さい!

また、他の特許事務所で断られた方や、おつきあいしている特許事務所はあるが他の特許事務所の話も聞いてみたいと考えている方、大歓迎です。サイト右上の無料相談用電話番号、またはE-mail(info@activepat.com)から気軽にご相談下さい!

アクティブ特許商標事務所は特に以下の企業様に有効なサービスを提供することができます

      1. 今まで漠然と特許出願をしてきたが、効果が上がらなかった。知的財産の力を利用して他の企業との差別化を図り生き残りたいとお考えの中小企業様。→特許を出願することの意味、取得した特許をどのように活かしていくのかの意義が明確になります。
      2. 起業間もない会社で知財に力をいれたい。親身になって相談に乗ってくれる特許事務所を探している中小企業様。→知財に力を入れるために何をやればよいのか、そもそも何を出願すればよいのか、どうやって他社と差別化していくのかが明確になります。
      3. 発明の初期段階から権利化後の対策までトータルサポートしてくれる特許事務所を探している中小企業様。→知財に関する問題を全面的にサポートするため、他の業務に集中することができるようになります。
      4. 自社の技術に柔軟に対応でき、フットワークの軽い弁理士を探している中小企業様。→御社の要求に応じて迅速に対応するため、物事がスピーディーに運びます。
      • アクティブには、「積極的な」、「機敏な」、「利益の上がる」という意味があります。アクティブ特許商標事務所は、知財を通じてお客様の利益向上のため、積極的にサポートいたします。また、アクティブ特許商標事務所は特に、中小企業、ベンチャー企業、及び個人事業主様のサポートに力を入れております。
  • アクティブ特許商標事務所は、誠実をモットーとしており、親切、丁寧な説明を心がけています。
  • 40代の(自称)若手弁理士が経営する特許事務所です。情熱とやる気に満ちあふれています。
  • 情熱とやる気だけでなく、10年以上の実務経験を積んでおり、500件以上の特許出願経験、150件以上の商標登録出願経験があります。
  • また、国内のみならず米国、欧州、中国等、世界各国の外国出願および中間処理対応を経験しています。このため、国内および外国の特許出願に対し、質の高いサービスを提供することができます。
  • 八王子市を拠点とする特許事務所です。都心に比べ、立川市等の多摩地域、相模原市、山梨県、長野県からのアクセスが良いのが特徴です。
    都心(23区)、その他の地域、県からのご相談も承ります(全国対応いたします)。
  • 知的財産のコンサルタントもいたします。
    発明の発掘、出願に必要な提案書の作成のコンサルティング、パテントマップの作成等を行います。
  • 中央線、京王線、横浜線、南武線、八高線沿線は無料で出張いたします(その他地域は応相談)。
  • 定額キャンペーンを用意し、費用に関するお客様の不安を軽減!
  • 個人事業主の方も大歓迎です。

okyakunokoe1

 

 business_per_ca_0411  L株式会社様
細かい内容変更をお願いしましたが、対応が親切でした。細部にわたり理詰めがしっかりしているなと思いました。
 business_per_ca_0411  石川工芸社様
分かり易い説明と適切なアドバイスがとても良かったです。また、参考意見やアイデアの付加も頂けて助かりました。説明が分かり易く、丁寧に書かれています。出願人の意図するところが十分に伝えられています。今後も色々と相談にのって頂きたいと思っております。宜しくお願い致します。
 business_per_ca_0411  伊藤様
対応がとても早く、質問にもわかりやすい回答をしていただきました。内容が緻密でかつ明確で、とてもわかりやすい出願書類でした。先行調査の際に読んだ他の特許文献は、理解するのに時間が掛かるものが多かったのですが、貴所に作成していただいた明細書は、機能や動作が詳細にかつ明快に記述されており、とてもわかりやすく、大変満足しております。

また、以下のようなケースでお悩みの中小企業様・ベンチャー企業様、ぜひ弊所にお問い合わせください。

case01case02case03case04case05case06case07case08case09case10case11case12case13

CASE1: 新たに会社を立ち上げたばかりだが、どの特許事務所にお願いするのか悩んでいる。
img_m096御社の技術に柔軟に対応できる30代の若手弁理士が対応します。是非一度お問い合わせ下さい。1件目の特許出願は、出願料を1割引いたします。


CASE2: アイデアが浮かんだが特許になるの?こんなこと聞くなんて恥かしいかもしれない。
img_m096開業以来、弊所は、「ちょっとした発明」に関する相談を受けることが多くあります。安心して相談して下さい。また、お客様が「こんなアイデア特許になりっこない」と思われていても、その発明が世の中に知られていなければ特許になる可能性があります。あきらめないことが大切です。


CASE3: アイデアが浮かんだが、何をどうすればいいのか分からない。
img_m096お客様とのお打合せで具体的な発明を抽出する作業を行いますので、まずは「~のアイデアを特許申請したい」等の簡単な内容で構いませんので弊所にお問い合わせください。手続きの流れをご説明いたします。10年間、延べ500人以上の発明者にヒアリングを行い、アイデアから発明を抽出した実績があります。


CASE4: 特許に関する疑問に気軽に答えて欲しい。
img_m096ご質問、ご相談等お気軽にお電話等でお問い合わせください。
初回の相談は、無料です。2回目以降の相談であっても、その後出願に至った場合、相談料は無料になります。


CASE5: 技術開発が忙しく、特許にかける時間がない。
img_m096開発中の製品から発明を抽出して出願できるポイントを整理し、お客様へ提案いたします。さらに、必要に応じ、競合他社の知財状況を分析して出願の意義をお伝えすることができます。
・なお、新しいアイデアを簡単に整理できるように、弊所オリジナルのアイデアシートを準備しています。アイデアシートをどうぞ。


CASE6: 弁理士から説明される用語が複雑すぎてよく分からない。
img_m096アクティブ特許商標事務所は、専門用語を使わない説明を心がけています。また、説明の過程を省略せず、丁寧な説明を心がけています。このため、お客様の「分かったふりをしているが実はよく分からない」を防ぎ、トラブルを未然に防ぐことができます。

CASE7:特許事務所に依頼した明細書をどのようにチェックすればよいのか分からない。
img_m096明細書をチェックするポイントをお伝えします。ご要望にお応えしてお客様と一緒に明細書をチェックするオプションプランもございます(有料)。

CASE8: 大企業に比べて扱いが軽い気がする。
img_m096我々は、会社の規模の大小によりお客様を区別することはございません。むしろ小さい規模の会社のお客様を積極的に支援することを喜びとしています。また、弊所でお受けした案件は、所内の弁理士が100%最初から最後まで責任を持って処理いたします。

CASE9: 都心の特許事務所に出向くのは大変。
img_m096アクティブ特許商標事務所は、京王八王子駅から徒歩1分、JR八王子駅から徒歩5分の場所にあります。多摩地区や相模原市等のお客様は、打ち合わせにかかる時間と費用を節約することができます。地元に密着したきめ細かなサービスを展開します。
また、中央道および圏央道へのアクセスも容易なため、山梨県、長野県、群馬県からのお問い合わせも大歓迎です(お伺いいたします)

CASE10: 今の特許事務所は打ち合わせてから出願までに時間がかかる。もう少し早く出願して欲しい。
img_m096アクティブ特許商標事務所は、明細書を作成するための資料が揃ってからお客様に初稿を送付するまでの期間を最長1か月に設定し、納期を厳守するよう努めます。
また、弊所弁理士のスケジュールに応じて、短納期(打ち合わせから2週間程度)での明細書作成も可能です。

CASE11: 今の弁理士さんは、発明内容をあまり理解してくれていない気がする。
img_m108発明内容が理解されないまま作成された明細書は、発明の本質となる部分の記載があいまいなことがあります。このような明細書は、特許になる可能性がグッと低くなり、たとえ特許になったとしても使い物にならない等、不本意な結果を招きます。
img_m096アクティブ特許商標事務所は、打ち合わせ時にチェックシートを用意し、お客様の考えを書面に表すようにしています。チェックシートに記載された内容をお客様に確認して頂くことにより、発明内容が弊所弁理士に確実に伝わっていることをご確認いただけます。

CASE12: 拒絶理由通知が来て何の説明もなく権利化は難しいと弁理士に言われた。費用をかけているのに納得いかない。
img_m096アクティブ特許商標事務所は、拒絶理由に対する見解書(拒絶理由が妥当か否かの判断や、今後の方針)を作成いたします。作成したコメントをお客様に参照して頂くことにより、今後の方針をお客様自身で決定することが可能となります。

CASE13: 本当に弁理士が明細書を作成してくれるの?
img_m096アクティブ特許商標事務所がお受けした案件は、代理権を持つ所内の弁理士が100%最初から最後まで責任を持って処理いたします。
※代理権を持つ弁理士が明細書を記載することのメリット
審査官とのやりとりは、代理権を持つ弁理士(代理人)でないと、行うことができません(特許庁:面接ガイドライン参照)。例えば、審査官からの電話連絡があった場合、明細書を作成した代理人本人が直接対応することにより、審査官と十分な意志の疎通を図ることができます。裏を返せば、代理人が発明の内容を十分に理解できていないと、審査官と十分な意志の疎通を図れない可能性があります。
また、審査官と発明の内容に関して面接を行う場合、代理人以外の所員は同席できますが、審査官と直接的に意思疎通を図ることはできません。

Information

日本IT特許組合のパートナーになりました

日本IT特許組合のパートナーになりました。日本IT特許組合は、独立系IT企業に対する大手企業からの特許攻勢に協同で対抗することを目的に、2001年に発足しました(同ホームページより)。  

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © アクティブ特許商標事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.