ブログ

公になってしまったアイデアを特許にする場合

こんにちは。八王子で頑張る弁理士の井上です。

時々、「もうお客様に話してしまったのですが特許を取れないのでしょうか」という相談を受けます。

例えば、展示会で説明した、守秘義務のない客先に話してしまった等の理由で公になってしまったアイデアは、原則特許を取得することはできない旨、特許法で決められています。

しかし、一部で例外が認められています。公になった日から6ヶ月以内に特許出願すればOKです(別途手続きが必要です)。

但し、この規定は万能ではありません。例えばAさんが、1月1日に公にしてしまったアイデアAを4月1日に出願した場合を考えます。このときBさんがアイデアAと同じアイデアを偶然思いついて3月1日に出願してしまった場合は、Aさんの出願がBさんより遅かったという理由でAさんは特許をとることができません。(なお、Aさんが1月1日にアイデアを公にしているため、Bさんも特許を取ることはできません)

話が少々難しくなりましたのでこれ以上詳しい説明は差し控えますが、要は、本当に保護したいアイデアであれば、アイデアを公にする前に出願するのが大前提であるということです。

アクティブ特許商標事務所
弁理士 井上真一郎

関連記事

  1. 公知例調査は難しい?
  2. 国際特許出願が増えてきました
  3. アイデアはどこにある?
  4. 貴方が出願する特許の実施の形態にはビジネスモデルはありますか?
  5. 特許の審査に時間がかかっているようです
  6. ビジネスモデル特許がとれないケース
  7. 特許出願の出願審査請求をする時期
  8. 特許査定の後に気をつけること
PAGE TOP