ブログ

サイン≠直筆の署名?

ある現地代理人から、特許を出願する際の書類(委任状と譲渡証書)にサインを求められました。私の感覚では、サイン=直筆の署名と思い、出願人に署名をもらいました。その署名はブロック体でした。返信したところ、これではダメだ。サインをしてくれとの回答。???これは悩みました。サインをしていない書類を送ってしまったのかと確認しましたが違います。

現地代理人に「言っていることがわからん。コレじゃダメなのか?」と(いうニュアンスで)聞いてみると、Your attached Deed is unsigned. Please the assignor -「人名」 should append his signature after his name on the assignor column.との回答。これで分かりました。ブロック体の署名の後に筆記体で署名したところOKがでました。その国では、他の現地代理人にお願いしたこともあったのですが、その場合はブロック体の署名でOKでした。色々あるなぁと今日も1つ勉強になりました。

関連記事

  1. 中小・ベンチャー企業の特許費用が軽減されます
  2. 公開された発明は、基本的に特許を取得できません
  3. ビジネスモデル特許は特別な特許?
  4. 特許の開放
  5. 国際特許出願が増えてきました
  6. 特許出願の拒絶理由通知、承伏してしまって本当に大丈夫?(その2)…
  7. 中小ベンチャー企業に対する軽減措置が復活
  8. 特許の進歩性
PAGE TOP