ブログ

特許庁に支払う費用が安くなります

こんばんは。八王子で頑張る弁理士の井上です。今朝の日経新聞にも載っている記事によると、従業員20人以下の中小企業が国内で特許を取得する手数料が現在の1/3になり、海外での出願手数料も下げる。とあります。

費用が安くなるのは大歓迎ですが、いざ出願といってもどのようなものをどうやって権利化し守っていくのかという点は、今後ますます重要になっていくでしょう。

そのときにどんな相談が来ても対応できるよう、我々弁理士も武器を研いでおく必要があります。

11月28日追記:現在、国内で特許を取得する手数料は、約15万円程ですから、1/3になれば約5万円程度になり、10万円程安くなることになります。結構大きな変更ですね。

関連記事

  1. 国際特許出願が増えてきました
  2. サイン≠直筆の署名?
  3. 公開された発明は、基本的に特許を取得できません
  4. 新しい技術のトレンドを、特許を紐解くことにより知る。
  5. 特許の進歩性
  6. ブックマーク変更のお願い
  7. 発明がビジネスモデル特許の対象か超簡単に判定する基準
  8. 実用新案登録のデメリット
PAGE TOP