ブログ

弁理士が発明する?

「先日発明相談を受けて、実質私が発明したかもしれない。」弁理士同士で会話をすると、良くこの話になります。

長年、特許を取るお手伝いをしていると、発明相談を受けた弁理士は「この辺を膨らませば特許出願をしても即駄目とは言われないだろう」という判断が直感的にできるようになります(特許が取れるかどうかの判断ではありませんので誤解なさらぬよう)。

このため、相談を受けた内容そのままでは特許になりそうになくても、発明者との何気ない会話から情報を引き出し、発明を膨らませて勝負ができそうなレベルまで持って行けることが結構あります。

場合によっては弁理士が発明の改良案を提示し、発明者が了承して特許出願をするケースもあります。そこまで行けば弁理士は、共同発明者の1人と言っても過言ではありません。

但し、元々の発想がなければ、改良案を思いつくことはなかったのですから、当然ながら、本質的な発明者はお客様になります。

関連記事

  1. 審査官を味方につける
  2. 毎年暇な4月が今年は・・・
  3. 為替と外国出願
  4. 再び記事を書き続けます
  5. 弁理士印と弁理士バッジ
  6. 特許料金設定に悩む
  7. IT特許組合のパートナーになりました
  8. お客様の話を聞く
PAGE TOP