ブログ

大事なことは何度でも書きます

このブログでも以前掲載したと思うのですが、大切なことですので、再度掲載いたします。自分が発明をしたとして、特許出願前に自分が公開した発明については、公開した人が、たとえ自分であっても原則として特許を取得できません。

特許出願をしたいという相談を受け、話を聞いてみると発明者自身が既に公表していたというケースが年に何回かあります。

このようなケースでは、公開から1年以内であれば、例外措置の適用を受けて発明者の公開に関わらず特許を受けられる場合があります。

但し、あくまで例外措置であり万能ではありません。具体的には発明公開後に例外措置を受けて出願しても、その出願が第三者の出願よりも後の出願となった場合は、第三者の出願が先願となり、特許を受けることができません。

なお、発明自体は既に公開されていますので、第三者の発明も新規性がないという理由で特許を受けることはできません。

関連記事

  1. 発明の進歩性とは?
  2. 審判、訴訟系研修
  3. 特許ライセンス契約
  4. ビジネスモデル特許がとれないケース
  5. 特許事務所の料金体系
  6. 実用新案登録のデメリット
  7. 特許出願の願書の住所の記載に思う
  8. 新しい技術のトレンドを、特許を紐解くことにより知る。
PAGE TOP