こんばんは。八王子で頑張る弁理士の井上です。

「進歩性」は、特許出願をすると、必ずと言って良いほど出てくる言葉です。「進歩性」は、特許出願した発明が特許になるためにクリアしなくてはいけない要件の1つです。言葉だけを見て意味を考えると、発明がただ新しいだけではなく、ある程度進歩していなければならないのか。だけど進歩って何だ?というところだと思います。

ある方が新しいことを思いついて、それが特許になるかどうかを私に聞かれた時、私は進歩性の有無を確かめるために「従来に比べて何かよいことがあるのですか?」とその方に尋ねることにしています。(1)従来はこういうものがある。→(2)だけどこういう困ったこと(要求)がある。→(3)それを解決するのが今回思いついたアイデアだ。→(4)今回思いついたアイデアによれば・・・という従来に比べてよいことがある。と分けて考えると、特許になる可能性のある発明は、この流れが非常にスムーズです。つまり現状の困ったことを解決できる。このことが進歩性を満たす第一歩であると思います。まさに「必要は発明の母」と言われるゆえんだと思います。

アクティブ特許商標事務所 井上真一郎