ブログ

交渉

技術を説明する難しさ

 特許を取る際に、発明者が書類や口頭で技術を説明するルートの一例は 発明者→(特許部)→弁理士→審査官(特許庁)です…

共同研究、共同開発

 中小企業を知財面で保護しようという政策の一環だと思います。近年、大手企業との共同研究で知財を大手に搾取されている現状…

警告を受けても諦めない

知財を侵害しているとして警告を受けても、諦めるのは早計です。以下のことを検討しましょう。(1)警告元は特許権者か(2)…

PAGE TOP