ブログ

弁理士 井上真一郎の記事一覧

補正は慎重に

先日侵害予防調査をしていると、かなり近い特許文献が出てきました。これはまずいぞと思って請求項の記載を最後まで読み進めて…

周知技術に過ぎない・・・

審査官が特許出願に記載された発明の新規性や進歩性を拒絶する際に利用する便利なマジックワード「周知技術に過ぎない」これ反…

特許の料金体系を変更しました

特許事務所の料金体系ってわかりにくいですよね?これは、多くの特許事務所が書類の頁数や図面の枚数に応じて費用を決定して…

はんこレス

はんこレスの流れが押し寄せているようです。福岡市では印鑑を使用しなくなったとか、https://news.yahoo.…

分からないことは分からない

分からないことは分からない。だからすぐ聞く、絶対に恥ずかしがらないというのが私のモットーの1つです。これは、特許業界に…

意匠の存続期間がさらに伸びました

意匠の存続期間は、今まで登録から最長で20年でした。それが改正により、出願から最長で25年に伸びました。意匠は1年以内…

時代が追いついてきた

コロナウイルスの影響でテレワークが進み、コロナの影響が弱まりつつある昨今ですが、そのままテレワーク環境は、ある程度維持…

9年目に突入しました

アクティブ特許商標事務所は、9年目を迎えました。コロナウイルスで大変な時期ですが、一人事務所ですので三密にはならず、…

弁理士合格者の推移

 国家資格である弁理士は、マークシート試験、論文試験(筆記試験)、口述試験により合否が決まります。2019年9月18日…

建築物の写真を商品にすると侵害?

2019年4月24日付けの京都新聞によると、平等院鳳凰堂を無断撮影した写真がジグソーパズルの絵柄に使用され、文化財とし…

さらに記事を表示する
PAGE TOP