ブログ

2022年 2月

商品、サービスの内容も時と共に変わっていきます

商標登録をする場合、標章(文字やマーク)を、使いたい用途(商品またはサービス)とセットにして出願する必要があります。…

PAGE TOP