ブログ

商標が著名になれば、保護範囲も広がる

2015年12月8日のYOMIURI ONLINEによれば、人気キャラクター「ふなっしー」関連を連想させる無許可の製品を販売したとして、ある会社が不正競争防止法違反容疑で書類送検されたようです。
具体的には、「274」(数字で「ふなっしー」と読める)や、「FUNA」の文字をデザインしたスマートフォンケース等を公認グッズに並べてインターネット上で不正に販売したそうです。

数字はともかく「FUNA」の文字だけでも不正競争に該当するとは、さすがふなっしー(著名)というところでしょうか。
このようにネーミングが使われてブランド力を増してくると、少しでも紛らわしいものが販売されたときに、その使用を排除することができるようになります。
でもブランド力が構築される前にネーミングを真似された場合はどうすればよいのでしょうか?その場合は、商標権を取得することにより、類似を排除することができるようになります。

ケース

関連記事

  1. 商標が取得できるかどうかについて最低限調べておくこと
  2. 便乗広告で逮捕
  3. 特許事務所の料金体系
  4. 他人の登録商標を使用しても用途が違えば大丈夫?
  5. 商標登録出願の料金体系を変更します
  6. お寺も持っている登録商標
  7. 商標は基本的に出願したもの勝ちです
  8. キャッチフレーズは商標登録できません
PAGE TOP