ブログ

特許庁に書類を送付する場合の日付について

 特許庁に書類を届ける場合、手渡しと送付が考えられます。特許庁に書類を送付する場合、色々な方法が考えられますが、「郵便」または「信書便」でなかった場合は、「特許庁に到着した日」が書類の提出日になります。逆に解釈すれば、「郵便」または「信書便」である場合は、郵便局に到着した日が書類の提出日になります。

 「信書便」としては、「レターパック」や「書留」が該当します。注意する点としましては、小包は「郵便物」に該当しません。また、宅配便も「郵便物」に該当しません。ですので、「ゆうパック」や「ゆうメール」、「宅急便」は「特許庁に到着した日」が書類の提出日になります。

 特許庁に書類を送る場合、「郵便」でも到着するとは思いますが、できれば、「信書便」をお勧めします。ちなみにある国に書類を送ろうとしたところ、「普通郵便は届かないか、日数がかかるので使わないでくれ」と言われたことがあります。

関連記事

  1. 名義変更と移転
  2. 特許の審査に時間がかかっているようです
  3. 為替と外国出願
PAGE TOP