ブログ

特許ライセンス契約

今年の1月にサムソン電子とグーグルが、今後10年間の全ての特許を共有するという契約を結びました。既存の特許はもちろん、以降出願する特許まで共有するという内容です。

今までのライセンス契約では、ある分野のみに限ってのものが多かったのですが、分野を問わず全ての特許となると希有なものになります。

この契約により、両社が保有する特許の数は膨大なものとなり、他社への影響力は非常に強いものとなります。特に、サムソン電子はアップルと知財で争っていますから、アップルへのプレッシャーをかけることができます。

この契約が良かったのか悪かったのか、結果は未だ分かりませんが、1つ言えることは、「両社ともに使わせるための特許がなければこの契約は成り立たなかった」ということです。

特許という武器があるからこそタッグを組み、共に戦える環境を整えることができる。グーグルが近年大量の特許を買い集めていた理由の1つはこのためでしょう。

握手

関連記事

  1. 特許出願の拒絶理由通知、承伏してしまって本当に大丈夫?(その1)…
  2. 特許と実用新案との違い
  3. 特許権がカバーできる範囲
  4. 共同研究、共同開発
  5. 実用新案登録のデメリット
  6. 製品開発前に特許調査をしておくことの意義
  7. 特許の審査に時間がかかっているようです
  8. 特許をとることで節税できる??
PAGE TOP