ブログ

特許の開放

1月14日付けの世界日報には、「トヨタ自動車はこのほど、燃料電池車(FCV)の普及を目指し、単独で保有する燃料電池関連の全ての特許を開放すると発表した。」と記載されています。理由は、「ライバル企業の参戦を促し、市場を創出するための決断」と記載されています。

これにより他社は特許公報に記載された技術を用いて、ものづくりが可能となります。記事には記載されていませんが、市場を創出することと同じ位大切な戦略として、グローバルスタンダードになるというトヨタ自動車の思惑が見て取れます。

かつてのベータ等のように、技術や販売時期で先行していても規格争いで破れ売上に繋がらなかった例は散見されます。他社が燃料電池車を開放特許を用いて作るということは、すなわちトヨタ自動車方式で作るということになります。大企業ならではの戦略と思われがちですが、キーとなる特許を取得し他社を制御する戦略は、製品によっては中小企業でも十分可能です。

car

 

関連記事

  1. スタートアップ企業と知財
  2. 特許出願の拒絶理由通知、承伏してしまって本当に大丈夫?(その1)…
  3. 発明がビジネスモデル特許の対象か超簡単に判定する基準
  4. 審査官を味方につける
  5. 特許出願の拒絶理由通知、承伏してしまって本当に大丈夫?(その2)…
  6. 為替の影響を感じる出来事
  7. 特許出願しないという選択肢
  8. 特許申請という用語
PAGE TOP