ブログ

案件管理の通し番号

平成から令和に変わりましたが、弊所では案件管理の通し番号を見直さずに、管理していました。たとえば特許であれば、Patentの頭文字Pに和暦の数字(昨年は31)を足してP31-○○のように管理していました。しかし、今年からどのようにするか悩んでいます。今年は令和2年ですから、今までのルールに則るとP2-○○になります。しかし、令和が仮に30年続くと昨年の通し番号と重複してしまいます。あきらめて西暦を使うか、和暦のまま新しいルールで管理するか悩むところです。

関連記事

  1. 曲面ディスプレイを購入
  2. ホームページのテーマを変更しました。
  3. チャットは都合が良い
  4. 事務所をリフォームしました
  5. 変な勧誘にひっかからないために
  6. 次のタイヤで悩む
  7. 免許の更新へ
  8. 特許事務所が霞ヶ関周辺に多い訳
PAGE TOP