ブログ

案件管理の通し番号

平成から令和に変わりましたが、弊所では案件管理の通し番号を見直さずに、管理していました。たとえば特許であれば、Patentの頭文字Pに和暦の数字(昨年は31)を足してP31-○○のように管理していました。しかし、今年からどのようにするか悩んでいます。今年は令和2年ですから、今までのルールに則るとP2-○○になります。しかし、令和が仮に30年続くと昨年の通し番号と重複してしまいます。あきらめて西暦を使うか、和暦のまま新しいルールで管理するか悩むところです。

関連記事

  1. 弁理士印と弁理士バッジ
  2. Contact Form 7の送信完了画面が出ない方へ
  3. 圏央道の一部開通時期が遅くなります
  4. 思い切って万年筆を購入
  5. 凄い雪!
  6. 嬉しいプレゼント
  7. スピーカーを交換
  8. 台風が来ているらしいが
PAGE TOP