ブログ

日本で取得した特許権の範囲

日本で特許権を取得した場合、他人のどのような行為に効果があるのでしょうか。

(1)海外で物(侵害品)を設計した

➡︎海外での行為は、侵害にはなりません。

(2)海外で設計した物(侵害品)を日本で製造し、販売した。

➡︎製造、販売、ともに特許権侵害となります。

(3)製造物(侵害品)を日本で売ってくれと頼んだ

➡︎譲渡の申し出をする行為も特許権侵害となります。侵害品を譲渡する行為も特許権侵害となります。

(4)日本で製造した物(侵害品)を国内では販売せずに海外に輸出した

➡︎輸出行為も特許権侵害となります。

(5)海外で製造した物(侵害品)を日本に持ち込んだ

➡︎日本に持ち込んだ時点で特許権侵害となります。

(6)海外で製造した物(侵害品)を日本を経由せず第三国に販売した

➡︎海外での行為は侵害にはなりません。

関連記事

  1. 新しい技術のトレンドを、特許を紐解くことにより知る。
  2. 中小の特許申請、費用を半額に
  3. ソフトウェア特許の三点セット
  4. ビジネスモデル特許は特別な特許?
  5. 中小ベンチャー企業に対する軽減措置が復活
  6. 貴方が出願する特許の実施の形態にはビジネスモデルはありますか?
  7. 特許の進歩性
  8. 発明がビジネスモデル特許の対象か超簡単に判定する基準
PAGE TOP