ブログ

常識を疑ってみる

こんばんは。八王子市で頑張る弁理士の井上です。

私が特許業界に入ってから今年で10年目、色々知識を仕入れてきました。

知識を仕入れれば、ぶれることは少なくなりますが、知識に照らしてこれは大丈夫だろう、これは駄目だろう
という見切りが発生してしまいます。駄目だろうと一度判断すると、先入観にとらわれてしまい、それ以上詮索することもなく次に進んでしまうこともしばしばあります。

ところが今回あるきっかけで、新たな視点から物事を見る機会がありました。今までの自分が持つ知識では難しいと思っていた事項でしたが、ヒントをもらうことにより、、別の切り口から物事を見ることができました。この結果、突破口が開けました。

我々弁理士は、今までできなかったことを可能にする発明に接する仕事ですから、物事を多面的に捉える訓練をしておかねばなりません。今回は、また1つ学ぶことができました。

アクティブ特許商標事務所
弁理士 井上真一郎

関連記事

  1. あけましておめでとうございます
  2. 自分を取り巻く流れが変わった?
  3. 会った人を覚えていないことの怖さ
  4. 遅ればせながら明けましておめでとうございます。
  5. 士業は他士業を知る?
  6. 感謝
  7. お客様の話を聞く
  8. 現金でもらうと財布の紐が緩む
PAGE TOP