ブログ

商標は基本的に出願したもの勝ちです

商標は基本的に出願したもの勝ちです

少し前に楽曲として著名な題名である「PPAP」が第三者によって商標登録出願され、話題になりました。

PPAPのケースは、結果的に先に出した第三者は商標権を取得できなかったようです。

しかし、このケースは例外と言え、原則は(先に使い始めた者ではなく)商標を先に出願した者に権利が与えられる仕組みになっています。先に出願した商標が拒絶されるのは、一例として、その商標が、第三者のものとして周知であったり、その出願が、第三者が不正の目的で出願したものだったり、公序良俗違反であったりする場合になります。

「うちの方が先に使っていたからそのまま使えるはず」と思っていると、いう言い分は必ずしも通用するものではありませんので注意が必要です。

そして、一度取得された商標権に基づき、警告を受けた場合、対応するのは非常に困難です。

関連記事

  1. 商標とドメインとの関係
  2. 登録商標を1日で10000個以上見ました
  3. 商標登録を自分でやってみよう(その1)
  4. 商標権が永久権と言われる訳
  5. 商標権を侵害していそうな場合もあきらめるのは早計です
  6. 商標登録出願の料金体系を変更します
  7. 商標が著名になれば、保護範囲も広がる
  8. 統一ブランドの商標権の取り方
PAGE TOP