ブログ

アイデアはどこにある?

新製品を開発する際に、アイデアは机で考えていてもなかなか浮かばないと思います。周辺技術調査を行って競合のアイデアをたくさん見ると、改善点が浮かびます。その改善点こそが新たなアイデアです。また、周辺技術調査により、現在の自社開発の優位性の有無を明らかにすることができます。さらに、大まかなパテントマップを見ることにより、どの会社がどの分野に興味があり力を入れているのか、競合はどのくらいいるのかが分かります。その上で、自社開発の方向はトレンドに沿ったものなのか、競争に巻き込まれる可能性などを判断することができます

関連記事

  1. 建築物の写真を商品にすると侵害?
  2. 特許の審査に時間がかかっているようです
  3. 発明がビジネスモデル特許の対象か超簡単に判定する基準
  4. いろんなビジネスモデルを考える人がいる!
  5. 特許侵害調査中に想う
  6. 第18回独立系の集いを開催いたします
  7. 特許出願の願書の住所の記載に思う
  8. 特許ライセンス契約
PAGE TOP