ブログ

アイデアはどこにある?

新製品を開発する際に、アイデアは机で考えていてもなかなか浮かばないと思います。周辺技術調査を行って競合のアイデアをたくさん見ると、改善点が浮かびます。その改善点こそが新たなアイデアです。また、周辺技術調査により、現在の自社開発の優位性の有無を明らかにすることができます。さらに、大まかなパテントマップを見ることにより、どの会社がどの分野に興味があり力を入れているのか、競合はどのくらいいるのかが分かります。その上で、自社開発の方向はトレンドに沿ったものなのか、競争に巻き込まれる可能性などを判断することができます

関連記事

  1. 発明の対価について
  2. 特許庁に支払う費用が安くなります
  3. 中小の特許申請、費用を半額に
  4. 中小企業の4割に危機感
  5. 特許出願の拒絶理由通知、承伏してしまって本当に大丈夫?(その2)…
  6. アクティブ特許商標事務所は丸10年を迎えました
  7. 特許をとることで節税できる??
  8. 特許出願と消費税
PAGE TOP