ブログ

はんこレス

はんこレスの流れが押し寄せているようです。福岡市では印鑑を使用しなくなったとか、https://news.yahoo.co.jp/articles/df4a8fd204cb51373a189d3acfb38977bc482eb4
特許業界はどうかというと、まだまだオンラインでの手続きができない特許の手続きも多く、また、それらの手続きの多くは書類を紙で作成し、印鑑(弁理士印)を使用しています。

いきなり印鑑をなくすのが難しいというのであれば、せめて原本の郵送手続きをなくし、オンライン上(pdf等)「のみ」の提出でOKという風にして欲しいです。例えば、米国の特許出願では出願人は基本的に個人となりますので、会社で出願する場合は、個人から会社に譲渡することを許可する書類(譲渡証書)にサインする必要があります。その譲渡証書は米国に郵送しなくてもよく、pdfを現地代理人にEメールで送れば大丈夫です。

ただ、印鑑を使用しない場合は、その代わりの信用の担保手段を確保することが大切です。「印鑑を使用しなくなった結果、誰でも手続きを偽造できるようになった」では困ります。

関連記事

  1. 中小企業の4割に危機感
  2. 著作権と商標権の違い
  3. たま工業交流展に参加します
  4. 建築物の写真を商品にすると侵害?
  5. 2020年
  6. 第18回独立系の集いを開催いたします
  7. 9年目に突入しました
  8. 何だかインターナショナル
PAGE TOP