ブログ

いろんなビジネスモデルを考える人がいる!

弊所ウェブサイトのトップページにも記載しておりますが弊所はビジネスモデル特許を得意としています。

そういうこともあり、ビジネスモデル特許についての相談を数多く受けるのですが、どの相談もアイデアに富んでいて相談を受けるのがとても楽しいです。

残念ながら今の特許法の解釈では特許の対象とならないアイデアもいくつかあります。

例えば、ビジネス方法としては成り立っているのに、そこにコンピュータが介在する場面がないか、あっても、単に人間の作業を代理させるに過ぎない場合等は、ビジネスモデル特許の対象とはなりません。

が、それでもアイデア自体は独創的でコレは何とかして保護してあげたいなぁという場合もあります。

そういうときはとてももどかしさを感じます。

弁理士 井上真一郎

 

関連記事

  1. 特許査定の後に気をつけること
  2. 実用新案のデメリット
  3. 公になってしまったアイデアを特許にする場合
  4. 中小ベンチャー企業に対する軽減措置が復活
  5. スタートアップ企業と知財
  6. 公開された発明は、基本的に特許を取得できません
  7. 特許の審査に時間がかかっているようです
  8. 特許申請という用語
PAGE TOP