特許や実用新案の場合は、発明内容を正確に把握するため、
一度お会いしてお打合せするのが望ましいのですが、
スカイプでの打ち合わせも可能であると考えています(関西、九州等実績がございます)。
また、意匠や商標の場合、お客様とお会いすることなく、
FAXや電話、メールでのでやり取りだけで出願可能な場合があります。
遠慮なくお問い合わせください。