ブログ

お寺も持っている登録商標

 お寺も持っている登録商標
 商標は「商」という文字が入っていることからも分かるように、基本的に商売のために取得するものです。

 しかし、図形の商標を調査していると、多くの寺社仏閣が自己の朱印や、仏像の画像を商標登録していることに気づきます。確かに、朱印は、お寺やお宮の固有のものであり、蓄積されてきた信頼も大きなものです。商売のためではなくても誰かが勝手に自分の標章(マーク)を使うと混乱が生じ、結果的に誰かに迷惑を掛ける可能性があります。
 どのような商品について取得しているのかを見てみると、やはり、印刷物や、キーホルダー等のグッズが多いようですが、中にはスロットマシンやゲーム機等も登録してある例も見受けられます。

 そこまでする必要があるのかと思うかもしれませんが、何が起こるのか分からない今の時代、とりあえず、寺社であっても(寺社でなくても)登録しておいて損はないと思います。

お坊さん

関連記事

  1. 便乗広告で逮捕
  2. 商標の審査が早くなっている(気がする)
  3. 地域団体商標
  4. 商標を出願するには必ず商品、サービスとセットになります
  5. 商標の審査に時間がかかっているようです
  6. 商標が取得できるかどうかについて最低限調べておくこと
  7. 他人の氏名は商標登録できません
  8. 商標権が永久権と言われる訳
PAGE TOP