最近、特許出願で拒絶理由通知をもらうと、ほぼ全てのお客様に審査官との面接をお勧めしています。
理由は、特許査定になる確率が格段に上がるからです(※私の実感です)。

別に審査官は、特許を拒絶してやろうと思っている訳ではなく、現時点の記載では似たような文献が出てくるという事実をそのまま伝えている(ものと信じたい)だけだと思いますので、
こちらの質問には、素直に応えてくれます。
例えば、不明確だと言う拒絶理由通知に対して資料を使って内容を説明すると、その説明で不明確が解消したのかどうかを教えてくれる場合もあります。

また、新規性、進歩性についても、面接の中でやり取りをしていると、なんとなく、「明細書のこの部分の記載が特許になる鍵」ということが分かってきます。その内容で請求項を補正すると、あっさり特許査定という場合も多々あります。

ところで、いつも思うのですが、審査官は総じて本当に記憶力が良いです。
何件も案件を抱えているにも関わらず、該当する案件について、即座に拒絶理由を打った根拠を思い出し、適切に説明してくれます。

お客様からお問い合わせがある度に、慌てて該当ファイルを見返し、場を繋ぎながらなんとか内容を思い出す私から見ると、この能力は本当にうらやましいです。