ブログ

発明がビジネスモデル特許の対象か超簡単に判定する基準

こんばんは。八王子で頑張る弁理士の井上です。

ビジネスモデル特許を取得する際の第一の関門は、思いついたアイデアが、特許の対象になるか?というところだと思います。

最も簡単な基準は、貴方の考えたビジネスモデル(ビジネスの仕組み)にコンピュータは、介在するか?ということです。

ビジネスの仕組みの中にコンピュータが全く出てこない、または、出てくるが、コンピュータにやらせなくても別に困らない(コンピュータ有りきのアイデアではない)。という場合は、特許を取得するのは難しいでしょう。

但し、自力でやれば何とかできるが、コンピュータにやらせれば飛躍的に便利になるという場合は、ビジネスモデル特許の対象になり得る場合がありますので、弁理士に相談した方がよいと思われます。

「データベースに記憶されている情報やユーザにより入力される情報を用いて新たな指標を作成し、モニタに表示することで、従来にはない便利な判断ができる」等の場合は、ビジネスモデル特許の対象となる可能性は高いです。

 

 

関連記事

  1. 特許明細書を納品する際に心がけていること
  2. 特許の進歩性
  3. 実用新案登録のデメリット
  4. 貴方が出願する特許の実施の形態にはビジネスモデルはありますか?
  5. 特許料金設定に悩む
  6. 中小ベンチャー企業に対する軽減措置が復活
  7. 特許申請という用語
  8. スタートアップ企業と知財
PAGE TOP