ブログ

現金でもらうと財布の紐が緩む

お客様からのお支払いについて、基本的に弊所は銀行振込での支払をお願いしています。しかし、たまに「今日持ってきたから」、「今から下ろしてきます」というお客様もいらっしゃいます。その場合は、現金でお支払い頂き、領収書を発行することになります。そして、銀行に預け入れることで、収支を合わせます。

同じお金でも通帳に眠っているお金と、手持ちの現金では、金額が同じであっても、その扱いが全く違う気がします。手元に現金があると、ついつい使いたくなってしまうのは私だけでしょうか?

そういう意味ではマイナス金利の導入も悪くはないなと思います。

 

 

関連記事

  1. 1年の計は元旦にあり
  2. あけましておめでとうございます
  3. 士業は他士業を知る?
  4. 弁理士の・・・
  5. 毎年暇な4月が今年は・・・
  6. 弁理士が発明する?
  7. 弁理士の未来 
  8. 再び記事を書き続けます
PAGE TOP