ブログ

特許申請という用語

特許申請という言葉、ごく一般的に使われているようですが、特許法には特許を「申請する」という言葉は出てきません。

出てくるのは、特許を「出願する」という言葉です。にもかかわらず、Googleで検索されている用語としては特許申請の方が多いようです。

「申請」を広辞苑で調べると、「国家や公共の機関に向かって一定の行為を求めること。願い出で。」、とあります。ですから特許申請というと、私の発明を特許にして下さいと特許庁(国)に求める行為ということになるのでしょうか。

出願しただけでは特許にはなりませんから、特許申請は、特許出願、およびもろもろの特許にするための行為を含んでいる。と言えそうです。

アクティブ特許商標事務所 井上真一郎

 

関連記事

  1. 新しい技術のトレンドを、特許を紐解くことにより知る。
  2. 実用新案登録のデメリット
  3. 特許事務所の料金体系
  4. 特許出願の出願審査請求をする時期
  5. 貴方が出願する特許の実施の形態にはビジネスモデルはありますか?
  6. ソフトウェア特許の三点セット
  7. ディープラーニングを用いた特許についての考察
  8. ビジネスモデル特許がとれないケース
PAGE TOP