ブログ

特許庁に支払う費用が安くなります

こんばんは。八王子で頑張る弁理士の井上です。今朝の日経新聞にも載っている記事によると、従業員20人以下の中小企業が国内で特許を取得する手数料が現在の1/3になり、海外での出願手数料も下げる。とあります。

費用が安くなるのは大歓迎ですが、いざ出願といってもどのようなものをどうやって権利化し守っていくのかという点は、今後ますます重要になっていくでしょう。

そのときにどんな相談が来ても対応できるよう、我々弁理士も武器を研いでおく必要があります。

11月28日追記:現在、国内で特許を取得する手数料は、約15万円程ですから、1/3になれば約5万円程度になり、10万円程安くなることになります。結構大きな変更ですね。

関連記事

  1. 貴方が出願する特許の実施の形態にはビジネスモデルはありますか?
  2. 実用新案登録のデメリット
  3. 特許出願の拒絶理由通知、承伏してしまって本当に大丈夫?(その2)…
  4. 特許出願の願書の住所の記載に思う
  5. 特許や商標の無料相談
  6. IoT(Internet of Thing) 関連技術特許をどの…
  7. ビジネスモデル特許は特別な特許?
  8. ソフトウェア特許の三点セット
PAGE TOP