ブログ

特許出願と消費税

特許出願と消費税との関係を説明します。
特許出願をする際には、印紙代(特許印紙)が必要となります。
この印紙は、非課税ですので、消費税が8%にアップしても金額は変わりません。


但し、弁理士に特許出願を依頼する場合は、印紙代とは別に弁理士報酬が発生します。
この弁理士報酬には消費税がかかります。
例えばソフトウェア発明等、特許明細書の枚数が多くなる出願では、弁理士報酬が40万円を超えることもあります。
その場合、消費税が3%アップすると、支払う金額が1万円以上増えてしまいます。

弁理士 井上真一郎

関連記事

  1. 特許権がカバーできる範囲
  2. 特許事務所の料金体系
  3. 特許事務所に全てお任せではダメです(その2)
  4. 公開された発明は、基本的に特許を取得できません
  5. 実用新案のデメリット
  6. 実用新案登録のデメリット
  7. ディープラーニングを用いた特許についての考察
  8. 特許庁に支払う費用が安くなります
PAGE TOP