ブログ

特許出願しないという選択肢

何でも特許出願すればよいというものではありません。中には特許出願しない方が良いケースもあります。

もちろん私個人としては出願すれば報酬が入ってきますので、出願した方が嬉しいです。

しかし、その出願に本当に意味があるのか、無理して特許出願することが必要なのか、を考えると疑問に思う場合は、敢えて出願しない選択肢を提供することがあります。

特許出願しないことを勧めるのではありません。特許出願しないことのメリットをお伝えします。そして、発明者の方と一緒に考えます。

もちろんその結果、どうしても特許出願したいと言う方には、最善の結果に繋がるようお手伝いさせていただきます。

逆に特許出願した方が絶対良いと思っても、忙しかったり、費用等の問題で特許出願を断念する方もいらっしゃいます。

そういうときは自分がもっと特許出願の必要性を上手く説明することができたら特許出願に踏み切ってくれたかもしれない、ともどかしさを感じます。

弁理士 井上真一郎

関連記事

  1. 時代が追いついてきた
  2. 発明者が熱いと弁理士も熱くなる
  3. あけましておめでとうございます
  4. 特許出願の出願審査請求をする時期
  5. 特許の開放
  6. 審査官を味方につける
  7. 特許文書を分かり易く
  8. 特許出願の願書の住所の記載に思う
PAGE TOP