ブログ

特許出願が公開される時期

特許出願が公開される時期は、出願してから1年6ヶ月を経過したときになります。逆に言えば、出願してから1年6ヶ月経過する前は、原則、出願した内容を他人が見ることはできないことになります。

これを利用して、ある製品のある機能について特許出願が完了した時点でホームページに特許出願中と謳っておけば、他社を牽制することができます。

実際に、ある会社がしている特許出願の内容を見たいとの問い合わせが弊所にあったことがありましたが、公開前でしたので知ることはできないと回答するしかありませんでした。

例外は、特許出願について早期審査の手続きを取り、出願してから1年6ヶ月が経過する前に設定の登録がなされ特許公報が発行された場合です。自分の特許出願が特許になるか早く確かめたい場合(例えば他人が特許出願の内容と同じような内容の製品の販売を開始した場合等)はこのような措置を取ることになります。

なお、公開時期に関連して、特許出願している間に他社が似たような技術を実施しているときに何か打つ手はあるのかという質問を良く頂きますが、その場合の取り得る措置はまた別の機会にて回答いたします。

アクティブ特許商標事務所 弁理士 井上真一郎

 

関連記事

  1. 特許の開放
  2. 特許取得後の特許料の支払いについて
  3. IoT(Internet of Thing) 関連技術特許をどの…
  4. 貴方が出願する特許の実施の形態にはビジネスモデルはありますか?
  5. 実用新案のデメリット
  6. 特許出願の拒絶理由通知、承伏してしまって本当に大丈夫?(その1)…
  7. 為替の影響を感じる出来事
  8. ビジネスモデル特許がとれないケース
PAGE TOP