最近よく耳にする言葉に「クラウドファンディング」があります。英語で表記すると「Crowd Funding」です。(これまた最近よく耳にする「クラウドサービス」とは違います。)

個人的には、このクラウドファンディングが特許と非常に相性が良いのではないかと思っています。

大企業に比べて資金力に劣る中小企業は、1つ1つの製品がヒットするかどうかがかなり重要になってきます。

クラウドファンディングのメリットは、もちろん資金調達として用いることができる以外に、その商品を製品化する前から市場の反響を確認することができる点にあります。

特許取得までの費用はないが、特許出願の費用は捻出できるという場合、特許出願を済ませた時点でクラウドファンディングを利用して市場の反響を確認します。

目標額に達し、必要な資金が確保できるほど反響が大きければ、特許化及び製品化を進めていく、反響があまり大きくなければ、さらなる発展を考えるまたは方向転換を図る等、使い勝手は良いと思われます。