無料相談は、出願しなくても大歓迎です。特許事務所に相談するとなると、やはり何かしら出願する予定がないとダメなんじゃないだろうか。そう思われる方も多いと思います。

しかし、知財にかかわらず、素朴な疑問が浮かんだ場合、その場で問い合わせた方がよいと思います。無料相談をして弁理士との相性を知り、何かあったときにその特許事務所に依頼する。無料相談をそう言う使い方に使っても弊所は大歓迎です。

もちろん余り分野の異なる相談は少ない方がよいのですが、分野が異なっていたからといって説明が嫌になることは私は全くありません。余談ですが、以前、無料相談をした方で、特許の相談のつもりが、ウェブサイトの開設の仕方の相談になり、1時間程度、ドメインの取得方法、レンタルサーバーの借り方を回答したことがあります。それでも私は楽しいと感じました。人に何かを伝えて喜んでもらうのが生き甲斐のようです。

アクティブ特許商標事務所 弁理士 井上真一郎