ブログ

日本で取得した特許権の範囲

日本で特許権を取得した場合、他人のどのような行為に効果があるのでしょうか。

(1)海外で物(侵害品)を設計した

➡︎海外での行為は、侵害にはなりません。

(2)海外で設計した物(侵害品)を日本で製造し、販売した。

➡︎製造、販売、ともに特許権侵害となります。

(3)製造物(侵害品)を日本で売ってくれと頼んだ

➡︎譲渡の申し出をする行為も特許権侵害となります。侵害品を譲渡する行為も特許権侵害となります。

(4)日本で製造した物(侵害品)を国内では販売せずに海外に輸出した

➡︎輸出行為も特許権侵害となります。

(5)海外で製造した物(侵害品)を日本に持ち込んだ

➡︎日本に持ち込んだ時点で特許権侵害となります。

(6)海外で製造した物(侵害品)を日本を経由せず第三国に販売した

➡︎海外での行為は侵害にはなりません。

関連記事

  1. ディープラーニングを用いた特許についての考察
  2. 発明がビジネスモデル特許の対象か超簡単に判定する基準
  3. ビジネスモデル特許がとれないケース
  4. 特許事務所に全てお任せではダメです(その2)
  5. 特許出願の拒絶理由通知、承伏してしまって本当に大丈夫?(その2)…
  6. 中小の特許申請、費用を半額に
  7. 特許の進歩性
  8. 審査官を味方につける
PAGE TOP