ブログ

弁理士印と弁理士バッジ

おそらくどの士業でも同じかと思いますが、代理人として国とのやりとりをする際には、代理人である証明をする必要があります。その代表的なものが弁理士印と弁理士バッジです。

ネットワークを介してする手続きの証明には電子証明書を使用しますが、紙媒体での手続きの証明では、弁理士印を押印します。弁理士になっても代理人にならなければ、使用する機会がほとんどありません。私も独立する前は机の引き出しにずっと眠っていました。弁理士印を押したときに、独立を実感したことを今でも覚えています。

弁理士バッジには菊の模様が入っており、ズシリと重いです。弁理士バッジの利点は、特許庁に入りやすくなることがあります。弁理士でない方が特許庁に入るときは、受付で住所や名前などを記入する必要がありますが、弁理士バッジを見せ、弁理士番号を伝えると、受付が簡略化されます。

関連記事

  1. 弁理士と著作権
  2. 新宿の朝活に入ってみました
  3. 台風が来ているらしいが
  4. 車のデッドニング
  5. 思い切って万年筆を購入
  6. 凄い雪
  7. 商標ライセンス契約の研修を受けてきました
  8. ワードプレスに移行するときの覚え書き
PAGE TOP