ブログ

特許の審査に時間がかかっているようです

特許出願であれば、審査請求をして結果が送られてくるまで平均して約1年弱、商標登録出願であれば、出願して4〜6ヶ月で審査結果が通知されます。

ところが、今年の年末は、そろそろ結果が通知されても良い時期だという出願が全くの音沙汰なしです。これは、恐らく年末にドドっと帰ってくるパターンです。

人は誰しも年度末に全ての仕事を終えて正月を迎えたいものです。そのパターンで行けば、審査官は、審査結果を出願人(代理人)に通知して(投げて)身軽になって正月を迎えたい→これから年末にかけて審査結果をドドっと通知する。ということが容易に想像できます。考えただけでも恐ろしいのですが、こればっかりは、ひたすら待つしかありません。

と思って、検索してみると、特許審査着手見直し時期の照会ができるようです。審査状況を特許庁に確認するための手続きとして、審査状況伺書を提出することは知っていましたが、こちらについては恥ずかしながら今まで知りませんでした。パスワードが必要ということなので、早速パスワードを取得して照会することにします。

関連記事

  1. 発明がビジネスモデル特許の対象か超簡単に判定する基準
  2. スタートアップ企業と知財
  3. 発明の進歩性とは?
  4. ディープラーニングを用いた特許についての考察
  5. 特許出願の拒絶理由通知、承伏してしまって本当に大丈夫?(その2)…
  6. 公開された発明は、基本的に特許を取得できません
  7. 為替の影響を感じる出来事
  8. 特許料金設定に悩む
PAGE TOP