外国商標登録出願

外国商標登録出願

外国商標登録出願

外国商標登録出願には、2つのルートがあります。1つは、その国の現地代理人を通じて直接出願する方法(以下、直接出願)、もう1つは、マドリッドプロトコル協定の取り決めにより、国際事務局に出願する方法(以下、マドプロ出願)です。
マドプロ出願は、加盟国や、国内に基礎出願または基礎登録が必要等、いくつかの制約がありますが、それらをクリアすれば、多くの場合、直接出願よりも安価に外国で商標権を取得できます。マドプロ出願の主なメリットは以下の3つです。

メリット1:手続が簡易

現地代理人を介さず、1度の手続で複数国に出願できます。各現地代理人に対する手数料を節減できます。

メリット2:管理が容易

複数の商標権の管理が容易になります。複数の商標権の存続期間の更新が、国際事務局に対する1回の手続で済むので、個々の期限管理をする必要がありません。

メリット3:早期権利化

国際登録されると、各国特許庁は1年又は18ヶ月以内に拒絶理由の通告を行わなければなりません。
この期間が経過すると、指定した国において保護を確保できます。

手続

・日本にした商標登録出願または登録商標を基礎として、日本の特許庁を経由して、国際事務局に対して商標の国際出願を行います。
・国際出願は、規則に定める形式の英語の願書を用いて行います。
・国際出願においては、基礎出願または基礎登録との一致性が求められます(標章、指定商品又は指定役務、出願人)。
・PCT国際特許出願と異なり、保護を求める国に日本を指定することはできません。
・事後指定(出願後に保護を受けようとする国を追加すること)が可能です。

出願実績

米国、欧州、中国、ベトナム、シンガポール、メキシコ、ロシア、ニュージーランド、オーストラリア、パキスタン、アフガニスタン、UAE

PAGE TOP