ブログ

商標ライセンス契約の研修を受けてきました

特許のライセンス契約に関するお仕事はいくつか経験しておりますが、商標のライセンス契約に関するお仕事はこれまで未経験でした。

どんな仕事でもそうですが、特に人対人の交渉ごとは場数が大事だと思いますので、座学でも良いので知識を蓄えたいと思っていました。そこに弁理士を対象としたタイムリーな研修がありましたので早速受講することにしました。

契約に関する研修はいつも人気です。それだけ実務が少ないのでしょう。会場には大勢の弁理士が参加しておりました。

内容については基本をきちんと押さえたもので、ためになりました。「もうこれで入門編のセミナーには出なくてよい」という自信になりました。

ただ、弁理士会主催の研修でいつも気になるのが、

・入門なのに専門用語や横文字を当たり前に使っていて分かりにくい点がある。

・実務のプロが必ずしもセミナーのプロではないので声が小さい人が多く、聞き取りにくい。

無料なので仕方がないと割り切るしかありません。

これは、私がセミナーをする際にも同じことが言えると思いますので、気をつけたいと思います。

 

関連記事

  1. 第19回独立系の集いを開催いたします。
  2. 商標の審査が早くなりました(実感)
  3. 商標を登録するには識別力が必要です
  4. 商標の審査が早くなっている(気がする)
  5. 商標権を侵害していそうな場合もあきらめるのは早計です
  6. IT特許組合のパートナーになりました
  7. 特許の開放
  8. 商標登録出願の料金体系を変更します
PAGE TOP