ブログ

ビジネスモデル特許がとれないケース

仕事がら、ビジネスモデル特許の相談で新しいビジネスの仕組みの話を聞くことがよくあります。相談内容の半分くらいは、人為的な取り決め(ルール)によるビジネスの仕組みが特許にならないかというものです。

残念ながら、現在の特許法では物(コンピュータ)が絡まないアイデアは、ビジネスモデル特許としての成立が非常に困難なものになっています。

技術の発展に関与しないビジネスの仕組みについては、保護しなくても良いという国の方針なのでしょう。また、特許が取れる分野が広すぎると、特許侵害が怖くてビジネスを展開できず、却って産業の発達を阻害するという側面もあります。

とはいえ、ビジネスモデルそのものは非常に良くできており、なんとか第三者の模倣を防いであげたいと思うものも少なからずあります。とてもジレンマを感じます。

関連記事

  1. 発明がビジネスモデル特許の対象か超簡単に判定する基準
  2. お客様の話を聞く
  3. 特許査定の後に気をつけること
  4. 特許権がカバーできる範囲
  5. 感謝
  6. やはり餅は餅屋だなぁと実感
  7. 新しい技術のトレンドを、特許を紐解くことにより知る。
  8. 特許出願しないという選択肢
PAGE TOP